設備紹介

クリニックのご案内

くるめ駅前クリニック
くるめ駅前クリニック
診療科目は内科、腎臓内科、人工透析内科
診療時間
くるめ駅前クリニック
〒830-0023 久留米市中央町1-1
夜間の人工透析はご相談ください
line
スタッフブログ

くるめ駅前クリニックの設備紹介

自動透析用監視装置 TR-3000MA
自動透析用監視装置 TR-3000MA

ベットサイドには、ウルトラピュア透析液を使用した最新の自動透析用監視装置を採用。
各統治には2本のエンドトキシン捕捉フィルターを装備し、その清浄度を担保しています。

当装置ではウルトラピュア透析を使用した自動プライミング、自動反血、補液が可能となっており、返血動作のさいには、動脈・静脈の返決圧力を監視し、安全な返血がされるように自動制御されるしくみになっています。

血管造影検査装置
血管造影検査装置

現在、血液透析をお受けの方はよくご存知と思いますが、内シャントの狭窄・閉塞のトラブルはつきものといっても過言ではありません。当クリニックでは迅速に対応するため、血管造影検査装置を導入し、血管の狭窄・閉塞を経皮的に血管内に挿入したバルーンカテーテルで拡張する経皮的血管形成術が可能となり安心して透析を受けていただくことができます。

自動血球計数 CRP 測定装置

自動血球計数 CRP 測定装置 Microsemi LC-667CRP自動血球数CRP測定装置です。
血算(白血球、赤血球数など)とCRP(炎症反応がすぐにわかる検査装置)
CRPとは、気管支炎、肺炎、扁桃腺炎、膀胱炎、胆嚢炎、急性胃腸炎などの炎症が体内で起きている時に血液中で増加するタンパク質です。細菌などに感染すると一気に増えます。
抗生物質が必要かどうかを判定したり、抗生物質などの薬の効果を判定するために必要な検査です。わずかな時間で測定が可能で、当日に結果をご説明できます。

自動血球計数 CRP 測定装置

糖化ヘモグロビン(Hb-Alc)を測定し投票病患者の血糖管理などに必要な情報を提供するシステムです。

装置の特徴としまして、1検体を48秒で測定し、最大50検体を同時架設が可能です。